参入できないカテゴリーを狙って仕入れ【出品許可申請をしよう!】


こんにちは。

nicoです。

昨日のブログでも書きましたが

価格競争の激しくなった昨今。

参入障壁のあるジャンルに商品を出品する

ということが必要です。

出品許可申請が必要なカテゴリーを狙え!

aab22be0ceb82cae077608f2dfed14bb_s

コスメはかなり狙い目!

ドラッグストアーのワゴンにはお宝がいっぱい♪

Amazonの出品には

出品申請が必要なカテゴリーがあります。

それは

・時計

・服&ファッション小物

・シューズ&バッグ

・ジュエリー

・ドラッグストア(旧ヘルス&ビューティー)

・コスメ

・食品&飲料

・ペット用品

です。

特に赤字の3カテゴリーは

申請も厳しくなっていて

わたしの時代はレシートOKでしたが

今では納品書が必要です。

これからもどんどん難しくなってくるかもしれないので

早めに許可申請は取っておいたほうがいいでしょう。

一度許可が下りれば

その後は許可なしで出品できるようになります。

申請ですがこちらのレポートなどが参考になりますよ♪

↓↓

【2016年最新版】ヘルス&ビューティー申請

納品書不要の簡単申請方法

申請は面倒ですが

そこを乗り越えることで

ライバルは減るわけです。

実際わたしも

いま一番利益を上げているカテゴリーが

ドラッグストアと食品です。

仕入れ対象のカテゴリーが

多くなればなるほど

利益の出る商品は見つかりやすくなります。

ココは面倒がらずに

難しくならないうちに申請してみましょうね♪

それでは、また。

参考になったよ♪というかたは

ポチッとお願いしますヽ(´▽`)ノ

↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ 主婦のお小遣い稼ぎへ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あとむ より:

    こんばんは、あとむです。

    コスメ・ドラックストア・食品・飲料は出品申請がいりますね。
    よくよく考えると、手続きが面倒だからというので嫌がる方もいますよね。

    そこが狙い目なんでしょうか??

    良い情報をありがとうございます。

    いろいろと参考にさせていただきます。

    応援して帰ります。

    • nico より:

      あとむさま。
      いつもありがとうございます。
      そうなのです、いまは申請がかなり面倒なので
      そこを突破することで
      仕入れの幅はかなり広がるんですよね!
      そこが狙い目です♪

      これからもよろしくお願いいたします。